インプラント|平岡町土山で歯科をお探しの方はひろ歯科まで

〒675-0104
兵庫県加古川市平岡町土山
1220-1
  • 電話
  • 電話
NEWS 新着情報
2022.08.21【診療再開のお知らせ】

院長が急病のため休診中でございましたが、8月24日(水)より通常通り診療を再開させて頂きます。

 

2022.08.15【休診のお知らせ】

大変申し訳ございませんが、院長が急病のため8月中を休診とさせていただきます。

ご予約下さった患者様、治療中の患者様にはご連絡を順次させていただいております。

また、行き違いでご来院いただきました患者様におかれましては、大変申し訳ございませんでした。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2022.07.15【夏季休診のお知らせ】

8月11日(木)~14日(日)まで休診とさせていただきます。

2022.04.05【ゴールデンウィーク休診のお知らせ】

4月29日(金)・5月3日(火)~5月5日(木)までを休診とさせていただきます。

2021.12.24【年末年始休診のお知らせ】

年内の診療は12月28日(火)13時までとさせて頂きます。

12月29日(水)~1月3日(月)は終日休診とさせて頂き、1月4日(火)から診療を開始いたします。

2021.11.02【11月度休診のお知らせ】

文化の日(11月3日)と勤労感謝の日(11月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

2021.09.15【休診のお知らせ】

敬老の日(9月20日)と秋分の日(9月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

※9月22日(水)は午後の診療も行います。

ひろ歯科の
インプラント治療

インプラントとは、むし歯や歯周病、事故などで失ってしまった歯を補う治療方法です。
歯を失ってしまった場所に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着し、本物の歯と変わらない機能を取り戻す、最先端の義歯治療です。
ひろ歯科では安心と安全を第一に考えてインプラント治療を行っております。

他の治療法との違い

 インプラントブリッジ入れ歯
 
見た目人工歯にはセラミックなどの歯科素材を使うため、天然歯のような白さや透明感のある自然な見た目に仕上がります。舌に触れたときも天然歯に近い感触で違和感を感じることはほぼありません。 保険診療の場合は合金を使うため目立つことがあります。セラミックなどの歯科素材を使うことで、自然な見た目に仕上げることもできますが、自由診療のため治療費は必要となります。 部分入れ歯の場合は隣の歯にバネを引っかけるため目立ちます。部分入れ歯・総入れ歯ともに、素材によっては人工歯の色調が天然歯に比べて不自然に見えることがあります。
噛みやすさ顎の骨に直接固定されているため、グラつくことがなく天然歯とほぼ同じくらいの力でしっかりと噛めます。硬いもの、噛みごたえのあるものも天然歯のように噛んで食べることができます。 天然歯と同じくらいの力でしっかりと噛むことができます。ただし、ブリッジの土台となっている隣の歯にむし歯や歯周病、破折などのトラブルが起こると、噛む力が弱くなってしまいます。 天然歯に比べてグラつきやすいため、天然歯の約1/3くらいの力でしか噛むことができません。そのため硬いもの、噛みごたえのあるものが食べにくくなり、天然歯が揃っていた頃に比べて食べられるものが限られてしまいます。
違和感顎の骨に人工歯根が結合して固定されているため、グラつくことがなく、違和感もほぼありません。舌に触れた時の感触もなめらかで自然です。 土台となっている隣の歯がむし歯や歯周病になったりかみ合わせが悪いと、浮いた感じがしたり動いて感じるなどの違和感が起こります。 ズレたりグラつきやすく、はずれることもあるため、食事や会話がしにくくなることがあります。
他の歯への負担顎の骨に人工歯根が結合することで固定するため、他の歯に負担をかけることはありません。 隣の歯を削って土台とするため、健康な隣の歯も削ることになります。また、噛むたびに土台となっている歯に力がより加わるようになり、負担がかかります。 部分入れ歯の場合、まわりの歯にバネなどを引っかけるため、負担がかかることになります。また、バネによって口の中や唇を傷つけることもあります。毎日のお手入れが不足すると、汚れがたまってまわりの歯に負担がかかることもあります。
耐久性毎日ブラッシングなどでしっかり掃除し、定期的にメンテナンスを続けることで、半永久的に使い続けることができます。 土台となる歯を削り負担をかけることになるため、土台となっている歯の寿命が短くなる可能性があります。 お口の状態や入れ歯の摩耗状態などに合わせて、調整したり作り替えをする必要があります。
    インプラントのメリット
  • ● 違和感がほとんどなく、天然歯と同じようにしっかり噛める
    歯を失った顎の骨に人工歯根を直接埋め込み固定するため、グラつきやズレが起こりません。天然歯のようにしっかりと噛んだり会話をすることができるため、「第二の永久歯」とも呼ばれています。
  • ● 天然歯のように食事を味わえる
    入れ歯は厚みがあるため、食べ物・飲み物の熱を感じにくくなります。インプラントは人工歯根・人工歯を使った治療方法のため、食べ物・飲み物の熱を感じながら味わうことができます
  • ● 自然な見た目で他の歯に負担がかかることもありません
    人工歯にはセラミックなどの歯科素材を使うため、天然歯に近い白さや透明感を再現できます。治療後には自然に仕上がり、見た目も使い心地も違和感がありません。他の歯に負担をかけずに治療できる点もメリットです。
    インプラントのデメリット
  • ● 治療期間は長めとなる
    インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋め込むための外科手術を行います。また、切開した箇所の傷が治るのを待つ期間も必要です。そのため、ブリッジや入れ歯に比べて治療期間は長くなります。
  • ● 自由診療となるため、治療費は高めとなる
    インプラント治療は保険適用外です。治療費すべてが自費となる自由診療となりますので、保険診療の入れ歯やブリッジよりも治療費は高額となります。
  • ● 外科手術が必要なため、顎の骨の状態や服用薬の種類、全身疾患によっては治療できないことも
    まずはお話を伺うとともに、院内の歯科用CTを使い、精密な診査・診断の上、治療ができるかどうかお伝えいたします。興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

インプラント治療に使う素材

ストローマン オステム

ひろ歯科では、ストローマン、オステムのインプラントシステムを採用しております。
共にに患者さんはもちろん医療関係者からも高い信頼を得ているインプラントメーカーです。
世界各国のさまざまな歯科医院に導入されており、治療後は日本国内はもちろん世界中でメインテナンスを受けることも可能です。

料金

インプラント
385,000円?/1本
インプラント

※CT診断・インプラントオペ・上部構造含む


当院ではインプラントの埋入手術の際、コンピュータで設計した位置に高い精度でインプラントを埋入することが出来るサージカルガイドを用います。
CTデータの画像をもとに、3Dシミュレーションソフトでインプラント埋入位置を解析し、デジタル処理で作製した手術用のテンプレートを使うことで、正確な位置と角度にインプラントを埋入することが可能になります。