コラム|加古川市で歯科・小児歯科・予防歯科をお探しの方は【ひろ歯科】まで

〒675-0104
兵庫県加古川市平岡町土山
1220-1
  • 電話
  • 電話
NEWS 新着情報
2022.08.21【診療再開のお知らせ】

院長が急病のため休診中でございましたが、8月24日(水)より通常通り診療を再開させて頂きます。

 

2022.08.15【休診のお知らせ】

大変申し訳ございませんが、院長が急病のため8月中を休診とさせていただきます。

ご予約下さった患者様、治療中の患者様にはご連絡を順次させていただいております。

また、行き違いでご来院いただきました患者様におかれましては、大変申し訳ございませんでした。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2022.07.15【夏季休診のお知らせ】

8月11日(木)~14日(日)まで休診とさせていただきます。

2022.04.05【ゴールデンウィーク休診のお知らせ】

4月29日(金)・5月3日(火)~5月5日(木)までを休診とさせていただきます。

2021.12.24【年末年始休診のお知らせ】

年内の診療は12月28日(火)13時までとさせて頂きます。

12月29日(水)~1月3日(月)は終日休診とさせて頂き、1月4日(火)から診療を開始いたします。

2021.11.02【11月度休診のお知らせ】

文化の日(11月3日)と勤労感謝の日(11月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

2021.09.15【休診のお知らせ】

敬老の日(9月20日)と秋分の日(9月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

※9月22日(水)は午後の診療も行います。

皆さんこんにちは。 山陽本線土山駅より徒歩5分のひろ歯科です。

 

歯を失ってしまったとき、いろいろな方法で歯を補うことが可能ですが、より長く使えて自然な使い心地の義歯を望む方が多いのではないのでしょうか。

インプラントは、快適に長く使用することができる義歯のひとつです。

   

インプラントの平均寿命は?

インプラントの寿命は、個人差があるものの、90%以上の方が10~15年経過しても使い続けることが可能だといわれています。

 

ほかの義歯を見てみると、保険適用の入れ歯の平均寿命が3~5年と言われています。

これは、顎の骨が痩せたり、入れ歯を支えていた骨が悪くなったりすることで、寿命が短くなるためです。

 

また、保険適用のブリッジの平均寿命は7~8年と言われています。

ブリッジは両隣の歯を削って装着するため、基本的には一度つけたら取り外すことができず、掃除がしにくいため、むし歯や歯周病の原因となり、寿命が少し短くなります。

   

インプラントが長く使えないことも…

このように、寿命の長いインプラントですが、長く使うことができない場合もあります。

寿命を縮める原因はいくつかありますが、一番多く見られるのが「インプラント周囲炎」です。

 

インプラント周囲炎は、インプラントに起こる歯周病で、周囲の歯ぐきが細菌に感染し、炎症が生じます。

そして進行すると、インプラントを支える顎の骨まで細菌が感染して、インプラントがぐらついたり抜け落ちたりする原因となります。

 

また、歯ぎしりや食いしばりが多いことも、インプラントに過度な負荷をかかって骨に負担を与え、寿命の短縮につながります。

インプラントは天然歯ほど負荷に強くないので、破損にもつながります。

 

喫煙習慣もインプラントの寿命を縮める原因の一つです。

タバコを吸うと歯ぐきの血流が悪くなりやすく、インプラント周囲炎を起こしやすくなります。

   

インプラントを長持ちさせるためは?

インプラントを長持ちさせるためには、お口の中を衛生的に保つことと、インプラントにかかる力のコントロールがとても重要です。

 

まずは、毎日の歯みがきをしっかりと行いましょう。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスも使用して、汚れが溜まりやすい場所を重点的に磨きます。

 

さらに、歯科医院での定期的なメンテナンスが必須になります。

メンテナンスでは、インプラントやかみ合わせのチェック、クリーニングで歯石や残っている歯垢(プラーク)を落とします。

 

ご自宅と歯科医院でそれぞれしっかりとケアすることによって、インプラントを長持ちさせることができます。

   

メンテナンスを欠かさず、いつまでもインプラントを使えるように

メンテナンスでインプラントの寿命を長くことができ、お口の健康にもつながります。

当院ではメンテナンスまでしっかりサポートいたします。

 

インプラントのページへ >