コラム|加古川市で歯科・小児歯科・予防歯科をお探しの方は【ひろ歯科】まで

〒675-0104
兵庫県加古川市平岡町土山
1220-1
  • 電話
  • 電話
NEWS 新着情報
2022.08.21【診療再開のお知らせ】

院長が急病のため休診中でございましたが、8月24日(水)より通常通り診療を再開させて頂きます。

 

2022.08.15【休診のお知らせ】

大変申し訳ございませんが、院長が急病のため8月中を休診とさせていただきます。

ご予約下さった患者様、治療中の患者様にはご連絡を順次させていただいております。

また、行き違いでご来院いただきました患者様におかれましては、大変申し訳ございませんでした。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2022.07.15【夏季休診のお知らせ】

8月11日(木)~14日(日)まで休診とさせていただきます。

2022.04.05【ゴールデンウィーク休診のお知らせ】

4月29日(金)・5月3日(火)~5月5日(木)までを休診とさせていただきます。

2021.12.24【年末年始休診のお知らせ】

年内の診療は12月28日(火)13時までとさせて頂きます。

12月29日(水)~1月3日(月)は終日休診とさせて頂き、1月4日(火)から診療を開始いたします。

2021.11.02【11月度休診のお知らせ】

文化の日(11月3日)と勤労感謝の日(11月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

2021.09.15【休診のお知らせ】

敬老の日(9月20日)と秋分の日(9月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

※9月22日(水)は午後の診療も行います。

皆さんこんにちは。

山陽本線土山駅より徒歩5分のひろ歯科です。

最近、食事が美味しくない、人と会話をするのが億劫になった、と感じている場合は、入れ歯に問題がある可能性があります。

合わない入れ歯を使っていると、食べる、飲み込む、しゃべるといった機能が妨げられてしまうためです。

入れ歯治療が得意な「ひろ歯科」なら、患者さんのお口に合った快適な入れ歯をお作りすることができます。

合わない入れ歯の調整にも対応しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 
入れ歯の精度は何で決まるの?

入れ歯というものは、とにかく高い材料を使えば良いものができる、というわけではありません。

入れ歯治療のプロセスを一つ一つ丁寧に進めていかなければ、高品質な入れ歯を作ることはできないのです。

加古川市のひろ歯科は、入れ歯治療の実績が豊富で、丁寧な診療を心がけておりますので、患者さんにぴったりの入れ歯をお作りすることができます。

 
入れ歯は調整を繰り返して使うものです

意外に誤解されている人が多いのですが、入れ歯は出来上がった時点で、ぴったり適合するものではありません。

もちろん、見た目や装着感などは、完成した時点でパーフェクトに近い形になっているのですが、日常の生活の中で使っていくうちに、噛みにくさやしゃべりにくさを感じてくるものです。

そうした違和感は、調整を加えていくことで徐々に改善することができます。

ですから、今お使いの入れ歯で、お口に合わない部分がある場合には、まずは調整することから始めてみましょう。

調整でも対応できない時には、一から入れ歯を作り直すことをおすすめします。

 
合わない入れ歯を使い続けるデメリット・リスク

調整しても適合しないような入れ歯は、使い続けることでさまざまなトラブルを引き起こします。

残っている歯や歯茎、お口の粘膜などにダメージを与えやすくなります。

とくに合わない入れ歯が原因で生じる「義歯性口内炎(ぎしせいこうないえん)」には注意しなければなりません。

合わない入れ歯によって歯並び・かみ合わせが悪くなることもあります。

 
まとめ

このように、入れ歯は人工の臓器ともいえる大切な装置なので、しっかり適合するものを装着するようにしましょう。

加古川・明石エリアで合わない入れ歯にお困りの方は、いつでもお気軽にひろ歯科までご相談ください。

お一人おひとりにぴったり合う入れ歯をお作りします。