コラム|加古川市で歯科・小児歯科・予防歯科をお探しの方は【ひろ歯科】まで

〒675-0104
兵庫県加古川市平岡町土山
1220-1
  • 電話
  • 電話
NEWS 新着情報
2022.08.21【診療再開のお知らせ】

院長が急病のため休診中でございましたが、8月24日(水)より通常通り診療を再開させて頂きます。

 

2022.08.15【休診のお知らせ】

大変申し訳ございませんが、院長が急病のため8月中を休診とさせていただきます。

ご予約下さった患者様、治療中の患者様にはご連絡を順次させていただいております。

また、行き違いでご来院いただきました患者様におかれましては、大変申し訳ございませんでした。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2022.07.15【夏季休診のお知らせ】

8月11日(木)~14日(日)まで休診とさせていただきます。

2022.04.05【ゴールデンウィーク休診のお知らせ】

4月29日(金)・5月3日(火)~5月5日(木)までを休診とさせていただきます。

2021.12.24【年末年始休診のお知らせ】

年内の診療は12月28日(火)13時までとさせて頂きます。

12月29日(水)~1月3日(月)は終日休診とさせて頂き、1月4日(火)から診療を開始いたします。

2021.11.02【11月度休診のお知らせ】

文化の日(11月3日)と勤労感謝の日(11月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

2021.09.15【休診のお知らせ】

敬老の日(9月20日)と秋分の日(9月23日)は祝日のため休診とさせていただきます。

※9月22日(水)は午後の診療も行います。

皆さんこんにちは。

山陽本線土山駅より徒歩5分のひろ歯科です。

ひと昔前まで、失った歯を補う方法は「ブリッジ」と「入れ歯」の2つの選択肢でした。

最近では第3の選択肢として「インプラント」を提示できる歯科医院が増えてきましたね。

ただ、インプラントは先進的な医療なので、安全面に不安を感じている方も少なくないようです。

ひろ歯科では、歯科用CTによる精度の高いインプラント治療が可能となっております。

 
インプラントにCTが必要な理由とは?

従来の治療法であるブリッジや入れ歯は、残っている歯に装置を被せる、あるいは固定する治療方法です。

ブリッジや入れ歯は、すべて見えている範囲での処置となるため、レントゲン撮影さえ行えば特に問題はありません。

一方、インプラントは顎の骨にチタン製のネジを埋め込むため、肉眼では見えない部分に外科処置を施す治療となります。

そのため、二次元的な画像しか得られないレントゲン撮影では、安全性の高い処置が困難となってしまうのです。

 
歯科用CTでわかること

歯科用CTは、医科で用いられているCTと同様、三次元的な画像を得ることができます。

それによって、手術中に傷つけてはいけない神経や血管の位置を正確に把握できるだけでなく、最も安全性の高いインプラントの埋入位置を検討しやすくなり、インプラント治療の精度が格段に向上します。

 
抜けた歯をインプラントで補うメリット・デメリット

◎メリット

インプラントには人工歯根があるので、硬いものでもしっかり噛めるようになります。

見た目も天然歯に近く、装着感も良好です。

また、周囲の歯に支えを求める必要がないので、残存歯への負担・犠牲もその他の治療法より少なくなっています。

 

デメリット

インプラント治療のデメリットには、外科処置が必須、保険が適用されない、治療期間が比較的長い 等が挙げられます。

インプラントは先進的な医療なので、こうしたデメリットもしっかり踏まえた上で検討する必要があります。

 
まとめ

このように、インプラントにはその他の治療法では得られないメリットがたくさんあります。

歯が抜けてしまった後も食事や会話を快適にしたいという方には強くおすすめできる治療法です。

そんなインプラント治療を加古川・明石エリアでご検討中の方は、ひろ歯科までご相談ください。

当院ならCTによる精密なインプラント治療を行うことができます。